大学受験コーチングノート

2009/07/19 日

たかが41日/180日、されど夏の41days

いよいよ夏休み。夏期講習の時期に入ります。
受験生にとっては言うまでもなく“天王山”、勝負のわかれ目とまでは言わないまでも、逆転あるいは飛躍の大チャンスです。

ちなみに2010年度センター試験まであと180日程となりました。ちょうど半年です。また、夏休みが8月末までとして、ちなみに自分のところのiDealでは7月21日から夏期講習がスタートするということで計算すると、いわゆる夏のその間は41日です。

たかが41日/180日、されど夏の41日。

1、受験生に向けて
受験生はこの夏に思う存分勉強してください。思う存分勉強できる最後のチャンスです。苦手科目・分野を含めて一通りのおさらい。そして過去問演習などの実戦的訓練など、やることはたくさんあるでしょう。模試の予定も念頭において計画的に学習してください。

2、高1・高2生に向けて
受験勉強を始める、あるいは受験を意識する絶好のチャンスです。予備校・塾の夏期講習に通う、あるいは自分で問題集を買ってきて勉強するなどして、受験に向けた“気分”をつくってみてください。
あと、オープンキャンパスに行くのもいいでしょう。

3、9月に夏を後悔しない秘訣
ずばり、早寝早起き。時間管理という面で言うと、これが間違いありません。苦手な人もがんばって挑戦してください。あとは、学習環境の確保。図書館や学校、予備校・塾の自習室など。人間、環境が整えば、案外がんばれるものです。

特に受験生は、「やるべきことはすべてこの夏中に終わらせる」くらいの意気込みで貪欲に計画を立ててみてください。仮に全部が終わらなくても、緩い計画よりも、結果としてはかどっていることが多いものです。

ただし、十分に睡眠と食事をとること。逆に講座の取り過ぎには注意しましょう。

<前の記事大学受験コーチングノート一覧

大学受験コーチングノートの最新記事