コース&システム

マンツーマン授業とリアルコーチングを基本コースとし、そのいずれか片方か両方かを受講していただきます。またオプションコースの映像講座@willや学びエイドマスターなどを追加で組み合わせることも可能です。また特別コースとして既卒生専用のプレップコースをご用意。リアルコーチングを中心にマンツーマン授業や映像講座@willを組み合わせて受講していただくことができます。


コースのご案内


マンツーマン授業

対象:中1〜高3・大学受験生 メニューへ戻る

東大レベル講師陣による1対1完全個別授業

板書を使った講義授業から演習解説授業、また東大を始めとする難関大対策から学校授業のフォローまでに対応します。カリキュラムは完全オーダーメイド&オリジナルで、ただ決まったテキストに従って淡々と授業が進められるのではなく、たとえば複数の教材を併用したり、自宅学習も有効利用しながら最大限の効果を生むように創意工夫されています。また科目担当制を採用しているので、高密度かつ専門的な指導を継続的に受けることが可能です。尚、学校や予備校の教材を持ち込むことにも対応します。

またカリキュラム作成やコーチング全般に当塾代表が関わり、いわゆるダブルコーチングの体制を採用しています。よって家庭教師や一般的な個別指導とは異なり、講師の質と相俟って、授業・指導の精度が保証されます。

教室は、個別指導専用にカスタマイズされたセミオープン型の個室。ホワイトボードの面積は集団授業並みですので、ゆとりをもった板書授業を受けることが可能です。

環境はもちろん、iDealでしかできない個別指導のクオリティをぜひ体感してください。

尚、授業時間は1コマ90分設定。授業振替にも対応します。

オンラインでのマンツーマン授業も選択可能!!

iDealでは、パソコンやタブレットを利用したオンラインでのマンツーマン授業も選択可能です。『SOBAスクール』という双方向白板付きのオンライン授業システムを利用していますので、音声のやりとりだけでなく、板書の利用や教材の共有もできます。また動画スキャナーを利用すれば手元をリアルタイムで撮影するため、解法の過程なども互いに確認することができます。もちろん授業はiDealの精鋭講師陣が担当します。

遠方の方や通塾に負担がある場合はこちらもご検討ください。

iDealの科目別のカリキュラム

学習方法は千差万別・十人十色。これこそがiDealの基本的な考え方です。生徒一人ひとりの適性や目標、残された時間等によってやるべき内容や方法の選択が異なります。iDealではそれらを突き詰めて、一人ひとりに最も理想的な指導スタイル・カリキュラムを考案します。

授業や教材のレベルについても、それぞれのニーズに合わせて対応可能ですが、最終的には自分自身で“できる”ようになることを目標とするので、応用が利くかたちで指導することが前提となります。さらに自分自身で運用・応用できるようになるために基礎や本質と言われる部分がある程度理解・定着されることも必要です。そのようなセオリーを指針としながら指導およびカリキュラムの作成・教材の選択を行います。

  • 英語
  • 数学
  • 国語
  • 物理
  • 化学
  • 小論文

英語は、単語・熟語・文法・構文・精読・速読・英作文など学習する項目が複数にわたります。これらを同時あるいは効率の良い順序・タイミングを考えながらカリキュラムをつくることが最大のポイント。まさに複合カリキュラムが有効な科目です。また、授業では知識の丸暗記ではなく、運用を促す説明を加え、確認テストで定着を図りながら、「読める」「書ける」を目標に指導します。また英検4技能対策についても適宜対応します。

公式や解法を理解することはスタートであってゴールではありません。それをもとに自らの手で類題や応用問題を解けることが目標です。そのことを前提に、本質の理解、「なぜそうするのか」を重視しながら指導します。あわせて、計算力や答案作成能力の養成、さらには論理的思考力の養成を図ることで、受験で“使える”数学の学力を完成させます。

<現代文>まずは導入として、論説文の読み方や文章構造の説明、さらには重要語句の意味確認をします。その後(あるいは同時並行して)、目標に沿ったかたちで論説文を中心とした読解演習に入ります。読解演習では様々なテーマ・分野・形式にあたることで、総合的な読解力と解法技術の習得を図ります。必要に応じて記述答案の添削指導も行います。

<古文・漢文>通常は、まず古典文法、特に助動詞や敬語を中心に理解・定着を促します。その後、識別や品詞分解ができるようになれば、読解演習を行い、加えて重要語句の定着&古文常識の習得を図ります。漢文も、まずは句形を覚えてもらいますが、応用が利くように基本文構造の学習も取り入れていきます。その後は読解演習と語彙学習を中心に進めていきます。

物理は自学ではなかなかスムーズには進めづらい科目です。なぜならイメージや本質をつかめていない場合が多いからです。まずは、力学の基礎をマンツーマン授業で固めることをおすすめします。物理こそ“基本”が重要です。また理系志望者に対しては、波動や電磁気などの分野を含めて、物理基礎と物理の各単元を再構成して効率よくかつ体系的なカリキュラムを作成します。

まずは理論化学をしっかりと固めることを優先します。化学は確かに暗記事項が多い科目ではありますが、それらを整理し、体系的に習得するためには、“法則”を意識しながら学習することが効率的です。無機化学・有機化学については、大学受験から逆算しながらカリキュラムを決めていきます。分野によっては映像講座と組み合わせることも効果的です。

要約記述、論理構成、各分野の知識、さらには日本語表記・表現など学ぶべきものが多岐にわたります。まずは小論文の書き方をしっかり押さえながら、思考のプロセスそのものを学ぶと同時に志望大学・学部に合わせて各分野の知識を積み上げていきます。毎回の授業では解説指導に加えて、さらに書き直しと添削を繰り返しすことで確実に上達できるようにします。慶應大学および国公立大学二次、医学部、さらには推薦入試に対応。

 体験授業のお申し込みはこちら

マンツーマン授業についてのQ&A


個別指導のメリットとは?

たとえば、自分の好きな曜日時間が選べるとか振替ができるとか。また自分の学力にあわせてわかりやすく説明してくれるとか、自分のペースにあわせて丁寧に指導しくれるとか。さらには質問中心の授業をしてくれるとか。まとめると、「自分が選べる」や「自分にあわせてくれる」ということに集約されるようです。確かにこれらは個別指導のメリットです。しかし、最も重要な視点が欠けています。
最大のメリットは、リアルタイムで理解の確認ができること。そうしながら指導することで無駄なく指導ができることです。扱う内容も生徒にあわせて取捨選択しながら進められるので、そういう観点から言えば、個別指導は、限られた時間の中で確実に成果を上げるための最良の指導方法というわけです。

なぜ講師の質や学力にこだわるのか?

集団授業と違って個別指導は生徒一人ひとりに合わせた授業・指導を行います。一律の決まった教材やカリキュラムがあるわけではないので、授業の予習をすれば誰でも指導ができるというわけではありません。生徒からの質問に対応できる知識量も必要ですし、教科の全体を見通して指導することも重要です。また、学力とあわせてコミュニケーション能力やコーチングスキルも個別指導講師にとっては欠かせない要素でしょう。だからこそ、個別指導では講師の質や学力に妥協しない、その意味があるのです。
尚、iDealでは、東大生だけでも1000人以上の講師採用面接と指導研修を行ってきた代表(教育コーチング資格取得・東大卒)自らがすべての採用および研修を担当しています。

リアルコーチング

対象:中1〜高3・大学受験生 メニューへ戻る

大学受験コーチング専門コース

東大卒プロコーチが、自宅学習&入試戦術プランを請負います!!
他塾併習型プランや共通テスト5教科型プランもお任せください。
中学生は、学習方法や定期試験の計画立てなどを中心に指導します。

マニュアルに基づいたコーチングではなく、生徒一人ひとりの目標や学習状況、学力や適正などを踏まえながら、指導豊富なプロコーチ(iDeal代表)が、定期面談を通じて学習コーチングを行います。まずは、学力や適性、得意・不得意分野の精緻な分析から始まり、受験に必要な全科目の学習計画立案および進捗状況の把握、さらには学習方法の指導や動機付けまで、個別指導のノウハウとコーチングのスキルを組み合わせた“リアルコーチング”をiDealでは受講できます。

そして、このリアルコーチングを通じて、科目学習のノウハウや要領を身につけてもらうと同時に、将来に役立つ<計画立案><状況分析><タイムマネージメント>などのセルフコーチングのスキルを習得してもらうことも目標とします。

リアルコーチングコースの主な内容

  • 来校面談形式 *スカイプによる面談も可
  • トータル学習プランの作成と使用教材の提案
  • 自宅学習チェック(学習方法の指導を含む)
  • テストによる成績推移の把握と計画の修正
  • 模試プランニング
  • 併願パターンと戦略立て

コース詳細 ー毎週と隔週で選択可能ー

<コース区分>

  • 毎週コース…毎週1回の面談
  • 隔週コース…隔週1回の面談
  • 併習コース…隔週1回の面談(マンツーマン授業と併習の場合)
  • フリーコース…週3〜6回の面談(大学受験生専用)

<オプション>

  • 答案添削コース
  • テスト定期実施コース

詳しくは当塾までお問い合わせください。

お問い合わせはこちらから
コーチングの目的と理念

目標は自分の中に在る、そして自分で決める

教育コーチングの理念において、目標は本人自身が決めるもの、あるいはもともと自分の中に在るものとして尊重されます。志望校などについても決定権は学校や塾・予備校の指導者にはありません。その目標に基づいて、最良・最適な学習計画や併願パターンを一緒に考えていきます。
またコーチングは、受ける側の行動を促す・引き出すことも目的としています。

プランニング

計画立てのバリエーション

計画立てのセオリーとして、「逆算式計画」というものがあります。入試やテストは期限つきの典型ですから、それまでに目標レベルと現状レベルから換算して相応の学習をこなさなくてはなりません。また受験科目との兼ね合いも含めれば、すべてを一定配分・一定スピードでこなしていくだけでは、その学習目標すら達成できていないことも多いもの。その中での優先順位(プライオリティー)の決定が鍵となります。
また、細かく言うと計画の立て方には相応のバリエーションとそれぞれの“適性”があります。自分に合った計画立ても重要なポイントです。

学習促進/モチベート

目標に向けての継続

コーチングの大きな役割の一つが動機付け(モチベート)です。基本的には目標に向かってそれぞれが勉強をしていくものですが、そうはいってもなかなかコンスタントに継続していくことは容易でありません。第三者のサポートを必要とすることもあります。目標の確認とあわせて、定期的な学習状況のチェック、そして計画の修正などを通じて学習促進を図ります。

精度・成果の向上

PDCAサイクル

淡々と学習していくことはとても大切で有効なことです。しかし、少なくとも軌道に乗るまでは、トライ&エラー(試行錯誤)やPlan→Do→Check(→Action=PDCAサイクル)が必要です。自分が行っている学習方法が本当に効率的なのかどうかをテスト等を利用しながら、あるいは先人のアドバイスを受けながら修正を図っていくことが、目標に向けて学習の精度や成果を上げていくために重要なことです。

ストラテジー/戦略立て

要領と戦略が勝負の分かれ目

受験こそ、有効な戦略立てが重要で、入試科目の配点や出題の傾向、さらには自身の得意科目等を踏まえ、適切な学習計画を立てること。その計画・戦略をもとに、要領よく学習を進めていくことが、目標達成・志望校合格に近づくための必要条件です。敵(志望校)の特性と自分の特性を知ることによって、客観的かつ有効なストラテジーが作成可能となります。

セルフコーチング力

自分で考える力・自律的主体性

自らを客観的にコーチングすることをセルフコーチングと言いますが、受験は自らを客観的にとらえる大きな機会となります。目標に向かってのプロセスにおいて、セルフコーチングの習得がなされれば、目標達成にも近づくと言えるでしょう。プロコーチによるコーチングの手法にクライアントとしてふれてもらうことで、自身の問題解決能力・コーチング能力を鍛えてください。そうすれば、受験後の人生においても、自律的主体性が発揮できる、そういった人間になっているはずです。

映像講座@will

対象:高1〜高3・大学受験生 メニューへ戻る

有名予備校講師陣による映像講座で高速学習&志望校対策

高速学習や大学別入試対策など多目的に活用できる映像講座。有名予備校講師陣による最新のWEB配信講義がiDealの教室で受講できます。カリキュラム作成・受講管理はプロコーチにお任せください。マンツーマン授業やリアルコーチングとの組合せも効果的です。

講義&演習のサイクル&アレンジの効きやすい月額制

映像講座@willの各講座は15~20分程度の映像講義・解説の間に演習を挟むスタイルで効率的に授業が進みます(1コマ90分)。確認テストや添削指導も準備されているので理解・定着度の確認も可能です。費用は融通のきく月額制。もちろん時間・曜日は自由に選べます。また必要に応じて単元・テーマ毎の部分受講も可能です。

志望校対策から単元別講座まで600以上の講座ラインナップ

東大・早慶・医学部など大学別入試対策講座から高校課程の基礎までを網羅した講座ラインナップ(600講座以上)。詳細はお問い合わせください。専用の資料をお送りします。

@willの公式HPへ

ELST

対象:中1〜高3・大学受験生 メニューへ戻る

リスニングやスピーキングに特化したAI学習教材

ELSTは、株式会社サインウェーブが開発した英語4技能対策アプリです。学校の教科書や英検予想問題などを使って、音読・リスニング・スピーキングなどの練習、さらには英検2次試験(CBTのspeakingを含む)の面接練習や模擬試験を行ったりと、幅広い学習機能やコンテンツで構成されています。

またスピーキングや発音の判定・評価については、英検CBTで採用予定の自動採点AIシステム(サインウェーブ社が開発)を用いるため、実際の合否判定に即した評価が可能です。

<特徴>

  • スマートフォン・タブレットで使用可能(Windows PCでも使用可)
  • 自動採点システムで本番さながらの判定機能
  • 英検1次試験対策として、単語学習やリスニング学習のコンテンツあり(級別)
  • 英検2次試験対策として、面接練習や模擬試験のコンテンツあり(級別)
  • 教科書(中学生用)の本文を用いた音読・リスニング学習機能あり
ELSTの公式HPへ

動画参考書
学びエイドマスター

対象:中1〜高3・大学受験生 メニューへ戻る

動画参考書『学びエイド』がいつでもどこでも見放題

有名予備校講師陣による動画参考書『学びエイド』を見放題。無駄のない短時間の解説動画にスマホ・タブレット・PCからいつでもアクセスできます。市販の有名参考書・問題集と連動して利用することも可能。中学課程の内容や英検対策にも対応。自習を進めていく中でわからないところをピンポイントで視聴するのに適しています。

学びエイドマスターの公式HPへ